黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

そのまま花瓶

2016/04/18 08:10


花瓶いらずの花束として、アマゾンや楽天で販売されている

そのままブーケ


そのままブーケ

箱から取り出したら、自立型のスタンディングブーケなので
ラッピングのまま飾ることが出来、エコゼリ―入りで水変えの手間
もなく、母の日のプレゼントや記念日のお祝い等、人気のようです。


そのままブーケ01

一方、国土緑化から販売されメディア等でも取り上げられた

そのまま花瓶

そのまま花瓶 そのまま花瓶01

花束をそのまま立てる事が出来るもので、筒状の耐水型紙を使用して
いるので下部分を広げると立てる事が出来、水を入れて花瓶にする
ことが出来る商品で、台の部分に文字を書くことも出来る工夫がされ
ています。
水を入れる手間やバク テリアの繁殖防止、栄養補充のエコゼリーは
ありませんが、そのままブーケに比べると低価格のようです。


Mサイズ 1,200円 Lサイズ 1,300円(各税抜)

価格で選ぶか、便利さで選ぶか?選択の幅が広がりそうですね!


引用元  楽天 アマゾン

   



[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

美しいモウセンゴケ

2015/08/08 08:10


フィンランドの美術自然写真家

ジョニ ニーメラ  Joni Niemelä

さんが数年にわたり撮影してきたモウセンゴケのマクロ写真が
SNSで話題に!


モウセンゴケ

モウセンゴケ01

モウセンゴケ02 モウセンゴケ03

エイリアンのような不気味でカラフルな食虫植物は、独特な
世界を見せてくれます。


モウセンゴケ04 モウセンゴケ05

モウセンゴケ06

ジョニさんは、一年前に最初の写真のシリーズ「モウセンゴケ」
発表し、その後第二のシリーズ「別世界のブルース」を作成し、
これら2つの光のシリーズは、Sundewsの美しく危険な世界を
見ることができるそうです。


モウセンゴケ07

モウセンゴケ08

 モウセンゴケ (毛氈苔、学名 Drosera rotundifolia )

は、被子植物門のモウセンゴケ科に属する植物で、種小名
rotundifoliaに由来するマルバモウセンゴケという別名もあり、
食虫植物の一種で、葉にある粘毛から粘液を分泌して虫を
捕獲します。
コケとあるが種子植物で、ミズゴケ類の育つような湿地に生育
し、背の低い草で、茎はごく短く、地面から葉を放射状に出し、
葉にははっきりした葉柄があり、葉身はほぼ円形で、一面に
長い毛があり、その先端から甘い香りのする粘液を出します。
これに釣られるなどしてやってきた虫がくっつくと、粘毛と葉が
それを包むように曲がり、虫を消化吸収します。
日当たりのよい場所に育つものでは、粘毛は赤く色づき、一面
に生育している場所では毛氈を敷いたように見えることから、
毛氈苔の名があり、 根はほとんど発達しないそうです。
冬になると、茎の先端に葉が丸まったような冬芽をつけます。
モウセンゴケと同属の植物は世界中に多数の種があり、いずれも
葉の表面に粘毛をつけ、それによって虫を捕らえる食虫植物です。



引用元 ウィキペディア  boredpanda


[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

花火のようなサボテンの花

2015/07/20 17:00


なかなか目にすることがないサボテンの花、
夜遅く咲き、美しさのピークは数時間のものが多い
ですが、目にすることができればラッキーですね。


Echinopsisサボテン

の花火のように見える鮮やかな色の花がSNSで話題に!

時間-1

サボテンの花01

サボテンの花を咲かせるのって、難しいんじゃないかと思っていま
したが、条件は2つで、日光によく当て、適度に水を与えることと、
休眠期には水やりを控えて休ませることだそうです。


サボテンの花

時間-2

こんなに簡単な条件なのに、なんでうちのサボテンは花が咲かない
のかというと、日光が足りない、水が多すぎる、水が足りない、夜に
なっても暖かい か、明るい場所に置いている、固まった化粧砂の
まま か 鉢底に穴があいていない、何年も植え替えをしていない、
開花の年齢に達していない、等が原因だそうです。


時間-3

引用元 thisiscolossal

[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

透明になる花が話題に!

2015/07/19 17:00


日本、中国、米国のアパラチア山脈の寒冷地域で湿った、樹木が
茂った山腹に成長し、雨に濡れると花びらが透明になる


サンカヨウ(山荷葉 Diphylleia grayi )

がSNSで話題になっています。

サンカヨウ
サンカヨウ01

メギ科サンカヨウ属の多年草で、本州中部以北から北海道、大山、
サハリンに分布し、深山のやや湿った場所に生え、高さは30~70cm、
花期は5~7月で、茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個つけます。
大小2枚つく葉はフキのような形をしていて、花は小さい葉につき、
葉の上に乗っているように見えます。花のあと、濃い青紫色で白い
粉を帯びた実をつけ、実は食用になり甘いそうです。


サンカヨウ02
サンカヨウ03

葉が乾燥すると、白い花びらにもどるそうです。

サンカヨウ04 サンカヨウ05




引用元  boredpanda  ウィキペディア

[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】


スポンサー広告

ツイッター

マイページ人気

カスタムCSS

プロフィール

seiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

動物 (20)
犬 (11)
猫 (7)
初めての投資 (117)
* クリック株365 (6)
*  FX (5)
* 投資経過 (4)
* 一目均衡表 (6)
* 投資セミナー (92)
製品 (128)
* 文房具 (15)
* 家電 (9)
* 食器 (4)
* インテリア (8)
* 便利グッズ (52)
* ペット (4)
* おもしろグッズ (18)
* おもちゃ (15)
アウトドア (10)
* グッズ (15)
食品 (508)
* お菓子 (51)
* スイーツ (38)
* 和菓子 (23)
* お菓子のパクとモグ (10)
* マネケン (24)
* オランジェ (17)
* ドンレミー (18)
* モンテール (30)
* プレシア (8)
* ロピア (25)
* サンラヴィアン (3)
* ヤマザキ (10)
* アイス (24)
* パン (107)
* 食べ物 (16)
* インスタント&カップめん (51)
* 飲みもの (20)
* 料理 (16)
* 外食 (4)
* 食の安全情報 (11)
アート (51)
 * ストリートアート (8)
 * フェイスペイント&メイクアップ (3)
 * ボディペイント (2)
 * 食品アート (11)
神社仏閣&観光 (29)
 * パワースポット (15)
 * 奈良の観光&食事 (8)
情報 (72)
 * 車 (6)
 * お得な情報 (7)
 * 発明&開発 (29)
DIY (9)
  * アイテム (2)
 *暮らしの知恵 (0)
未分類 (18)
建物 (9)
終活 (16)
本 (7)
フィギュア (2)
ミニチュア (8)
 * 料理 (2)
CM (2)
広告 (0)
 花 (4)