黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

小野小町ゆかりの寺

2017/07/10 12:05


随心院(ずいしんいん・ずいしんにん、隨心院)

は、京都市山科区小野にある真言宗善通寺派大本山の仏教寺院で、
地下鉄東西線小野駅から徒歩で5分の場所にあります。


隨心院02

応仁の乱によりほとんど焼失し、その後慶長4年(1599年)に、曼陀羅寺の故地に
本堂が再興されたそうです。



隨心院05 隨心院06

小野は小野氏の一族が栄えたところで、小野小町もこの地の出で宮中を退いて後も過ごしたとされ
、随心院には小町の晩年の姿とされる卒塔婆小町像を始め文塚、化粧の井戸などいくつかの遺跡
が残っています。

隨心院18 (2) 隨心院21

江戸時代初期の建立の奥書院は、狩野派絵師による襖絵で装飾されています。

隨心院45

小野小町にちなんだ、絵馬やお土産が多数販売されています。
また、2006年から、ミス小野小町コンテストも開催されています。

隨心院55

境内には山紅梅、白梅、薄紅梅などが約230本あり、もっとも多い薄紅梅の色である薄紅梅色を
「はねずいろ」ということから「はねずの梅」とも呼ばれていて、2月末から咲き始め3月中旬が見頃
となる小野梅園があります。

隨心院11 (2)

【所在地】  〒607-8257 京都市山科区小野御霊町35
【電話番号】  075-571-0025
【FAX番号】  075-572-3690




[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

一言主神社から九品寺へ 2

2017/02/28 23:18


戒那山(かいなさん)九品寺(くほんじ)

九品寺130

室町時代の兵火をまぬがれて今に残っている、奈良時代に聖武天皇の詔に奉じて
行基 (ぎょうき)が開基したお寺だそうです。
本尊の阿弥陀如来坐像は藤原時代の作で国の重要文化財に指定されています。



山門をくぐると十徳園と呼ばれるお庭があり、左手には池があります。 鯉が岸辺に!

九品寺17 九品寺17 (3)

右手には、西国三十三所の御本尊を模した石仏が並んでいます。
この仏さまを拝んで周ると、巡礼者と同じ功徳が得られるそうです。

九品寺18 (3) 九品寺18 (2)

階段の途中の左手には、慈母地蔵が!

九品寺13 (3) 九品寺13 (4)

石段を登り切ると、右手に地蔵堂が。      左手に鐘楼が。

九品寺14 九品寺14 (2)

正面には本堂が!

九品寺14 (3)

境内からの絶景!

九品寺14 (4)

この寺は境内や本堂の裏山に数多くの石仏があることで有名で、千体石仏と呼ばれています。
南北朝時代にこの地を支配していた豪族、楢原氏が南朝方について北朝側と戦ったとき、地元
の人たちが味方の身代わり として奉納したもので、そのことから身代わり石仏とも呼ばれている
そうです。

九品寺はサンスクリット語で、その意味は布教でいう上品・中品・下品で、人間の品格をあらわして
います。上品の中にも上中下があって中品や下品にもそれぞれ上中下があり、全部で九つの品が
あるので九品と名づけられているそうです。




[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

一言主神社から九品寺へ 1

2017/02/27 07:28


 九品寺 くほんじ

山麓線沿いにある小さなお寺で、境内や本堂の裏山に数多くの石仏が
あることで有名な千体石仏があるお寺として知られているそうです。


九品寺00

金剛・葛城山の東山麓の標高150m付近を南北に走る山裾の道
「葛城古道」を通り、一言主神社から1.3Kmを散策することに。


九品寺01 九品寺01 (2)

一言主神社の境内から左の道を休息処を横目に、ゆるやかな登り坂を進んで行きます。

九品寺05 九品寺06

道を進むにつれて、あぜ道が分かれていて、どちらに向かうか分かりにくいところも!



杉木立の山辺のあたりに 綏靖天皇の高丘宮跡の石碑が建っています。

九品寺07 九品寺07 (2)

猪除けのフェンスを過ぎると、休憩所が設けられていました。

九品寺09 九品寺09 (2)

後100メートル、軽く汗をかいた頃にお寺の入口が見えてきました。

九品寺12 九品寺13

いよいよ境内に!


  次回に続く~




[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

葛城一言主神社にお札を納めに!

2017/02/26 07:03


全国各地の一言主神を奉斎する神社の総本社で、ひとことだけ
お願いを叶えてくださると地元の方から親しまれ、いちごんさん 
として知られる、一言主神社に節分を過ぎると、毎年古いお札
「一陽来復」を納めに訪れています。

一言さん51

無人販売所には、いつものようにすぐ近くでとれた野菜が格安で販売されていました。

一言さん56

いつの間にかお休み処が!

一言さん52 一言さん53

ついつい見落としがちな、本殿、乳銀杏の横にある「 なで蛙 」の像です。

一言さん55

撫でると「無事に帰る・お金が返る」とかのご利益があるようです。

一言さん58 一言さん57

境内の奥に梅の花が。

一言さん54 一言さん52 (2)

境内への階段左手にある、草木に覆われた場所の亀の形をした石?にも御参りして。

昔、行者が災いをもたらす黒蛇を調伏し、その上に置いたのがこの石だと伝えられているそうです。

お札を納めて本殿参拝を済ませ時間があったので、金剛山の山裾を
南北に走る、古代の街道「葛城の道」を通り九品寺を訪れることに!

   続く~





[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

いちごんさん

2016/12/23 15:54


来年のお札をいただきに、今年も奈良県御所市にある

葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)に!

いちごんさん

動画にしてみました。



いつものように鳥居をくぐり、参道を抜けて本殿に。

いちごんさん01

御参りを終えて、頼まれた分のお札も一緒にいただき、参道にある野菜の直売所で
里芋2袋を買って帰路に。

いちごんさん04 いちごんさん05

もう一つの楽しみは、JAの直売所の野菜、今回は時間が遅かったので売り切れていた
物が多かったのですが、大きな人参とレモンを買いました。

期間限定のお札、 一陽来復(難転摩滅)

いちごんさん03

来年の恵方は、北北西です。

金銭経済で融通無礙の力を得、また難儀に遭遇する時はその魔を滅しこれを福に転じて
1年間の無事息災を祈祷したお守りとして、昔より冬至の二日前から節分まで授与されています。
冬至・大晦日・節分の日のいずれかの24時に玄関内の恵方に向けて高いところに祀る(貼る)
と言う、ちょと変わった御札です。

ちなみに、見落としがちなのが入口の階段左横にある「亀石」
運気上昇のご利益があるそうです。


奈良県御所市森脇432  0745-66-0178
近鉄御所線近鉄御所駅からタクシーで5分  駐車場あり(無料)





[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】


スポンサー広告

ツイッター

マイページ人気

カスタムCSS

プロフィール

seiko
FC2ブログへようこそ!
アフィリエイトに変更してしまったのでご訪問しても履歴が残りませんが、今まで来ていただいた方のブログは定期的に訪問させていただいております。

カテゴリ

動物 (20)
犬 (11)
猫 (7)
初めての投資 (115)
* クリック株365 (6)
*  FX (5)
* 投資経過 (4)
* 一目均衡表 (6)
* 投資セミナー (91)
製品 (128)
* 文房具 (15)
* 家電 (9)
* 食器 (4)
* インテリア (8)
* 便利グッズ (52)
* ペット (4)
* おもしろグッズ (18)
* おもちゃ (15)
アウトドア (10)
* グッズ (15)
食品 (478)
* お菓子 (50)
* スイーツ (34)
* 和菓子 (23)
* お菓子のパクとモグ (10)
* マネケン (22)
* オランジェ (12)
* ドンレミー (15)
* モンテール (29)
* プレシア (6)
* ロピア (20)
* サンラヴィアン (3)
* ヤマザキ (8)
* アイス (24)
* パン (103)
* 食べ物 (16)
* インスタント&カップめん (50)
* 飲みもの (20)
* 料理 (16)
* 外食 (4)
* 食の安全情報 (11)
アート (51)
 * ストリートアート (8)
 * フェイスペイント&メイクアップ (3)
 * ボディペイント (2)
 * 食品アート (11)
神社仏閣&観光 (29)
 * パワースポット (15)
 * 奈良の観光&食事 (8)
情報 (71)
 * 車 (6)
 * お得な情報 (7)
 * 発明&開発 (29)
DIY (9)
  * アイテム (2)
 *暮らしの知恵 (0)
未分類 (18)
建物 (9)
終活 (16)
本 (7)
フィギュア (2)
ミニチュア (8)
 * 料理 (2)
CM (2)
広告 (0)
 花 (4)